脂肪吸引でお気軽部分やせ|ふくらはぎをほっそりさせよう

医者

リバウンドしない痩身手術

お腹

手術前後の注意点

脂肪吸引手術はメスを使って行う外科手術になります。吸引する部位が広いと全身麻酔をしての手術になりますので、身体への負担が大きくなります。体力を使うのでしっかり体調管理をして手術に臨むことが大切です。全身麻酔の手術であっても入院は不要で日帰りできます。手術が終わって麻酔が切れるまで2時間〜3時間ほど横になって過ごした後に帰宅できます。麻酔が切れると痛みがでますが、鎮痛剤を服用すれば抑えることができます。手術当日は患部を濡らさない程度にならシャワーができます。患部は腫れを抑えるためにしばらくは包帯やサポーターなどを巻いて圧迫をしておく必要があります。一週間後に抜糸がありますが、仕上がりを美しくするために、一ヶ月ぐらいはサポーターを巻いて過ごすことをおすすめします。

その他のプチ痩身

ダイエットはリバウンドしてしまうリスクがありますが、美容外科で受けられる脂肪吸引はリバウンドすることがなく、一生スリムなボティをキープできます。脂肪吸引の手術のほかに、メスを使用しない「切らない脂肪吸引」もあります。脂肪溶解注射はターゲットとなる部位に注射を打つだけでいい手軽なプチ痩身です。これも普通の脂肪吸引と同じように、脂肪細胞そのものを排除するのでノーリバウンドです。赤外線や超音波などを使って脂肪細胞を溶かす痩身マシンもあります。痩身エステと同じですが、医療機関で使われているのは医療レベルの高度なマシンなので痩身効果が違います。リバウンドしないだけではなく、「痩せやすい体質」に改善できるのがポイントです。

Copyright© 2016 脂肪吸引でお気軽部分やせ|ふくらはぎをほっそりさせようAll Rights Reserved.